【現場の実態!】深夜のナースステーション

日勤帯でのナースステーションは
みんな処置やケアに出ているので殆んどガラガラ。

だからナースステーションで繰り広げられる物語は大抵
夜勤帯に起る。

 

よくあるのが急性期病棟にいた頃の話だ。

若い患者が(9時消灯じゃ眠れないよね…)話し相手を求め
ナースステーションに来て身の上話をするだとか、
カップラーメンを食べに来たりとか(当時は出来た)
失恋が原因で自殺未遂をした子が恋愛相談に来たり
なんてことも良く起きていた。

まぁ患者さんもその日の看護師の空気を読み取り、
わりと暇な時にナースステーションにやってくる(忙しい日は来ない)

看護師にとってはその時間は唯一ホットする瞬間で、
普段なら患者と世間話といっても長話をしている時間はないので
この夜勤帯は結構貴重な情報源だったりする。

 

もちろん、病気に対する不安を訴えることもあれば、
同室者の愚痴、看護師や医師の態度‥の話をしてくれる。

中には、それ系の人に「入らないか?」と言われているがどうしたら良いか??
なんて相談もあった。

当時「それ系」の人が入院していて、その子は同室だったので
知らないでよく話をしていたから誘われた様なのだが、
これはさすがに病院で問題となった。

 

それ系の人にはドクターから厳重注意&その子は部屋替えとなって事なきを得たが、
その後も要注意人物として看護師たちはマークしていた、なんてこともある。

だから夜勤のナースステーションは貴重な情報源なのだ。

 

ほのぼのする話では、

徘徊患者の相手を一晩中ナースステーションでしていたり(脱走歴がある)、
同じくディメンツの女性患者の話し相手をするなんてこともナースステーションではあった。

当時は彼女は80代、まさに戦争の時代を生き抜いてきた人、
夫は戦死?(あくまでディメンツ患者)

どこまで本当かは解らないが、その戦死した旦那を思い文をしたためたり、
夜中のナースステーションで和歌を詠むなんてほのぼの系まで繰り広げられていた。

 

夜間ナースステーションで起こる出来事はどれも印象に強く残っていて、
たまに思い出しては懐かしいなぁ…と感慨にふけっている。

投稿日:2014年07月14日

転職サイト比較ランキング ベスト5

管理人が考える、一番おすすめの転職サイトはこちらです。

看護roo!(カンゴルー)関東・関西・東海エリア専門 この転職サイトを見る
マイナビ看護師全国の求人ならこちらがオススメ この転職サイトを見る
看護のお仕事 この転職サイトを見る
4位 ナースではたらこ この転職サイトを見る
5位 ナース人材バンク この転職サイトを見る